最新の記事から並んでいます。初めての方は、右のカテゴリのテーマごとに順にご覧いただけるとわかりやすいと思います。

2010年04月30日

講演「新入社員への大きな期待」〜自分を育てる3〜

 少し間が空きましたが、新入社員の皆さんを対象に講演でお話させていただいた内容の続きです。

 今回は、モチベーションを保つため、一歩一歩、前進している事を実感する秘訣についてです。

 ここでは、コーチングで使われる技術を応用します。

 コーチングにおいては、目標や行動を設定する際、チャンクダウンと言って、大目標から、どんどん細かく分けていく作業をします。

 例えば、大目標が「プロジェクトの成功」だとします。

 すると、まずは目標を明確にするため、「Q.成功と言えるのはどんな状態なのか?」を考えます。

 「集客できたら」、「収益が上がれば」、「参加者の満足度が高ければ」など、様々な要素が考えられます。それらが複合する場合もあるでしょう。

 今回は、「集客」が第一目標だとしたら、今度は、「Q.どの位集まれば成功なのか?」を考えます。

 そうして、目標が明確になれば、今度は、「Q.どんな方法で集めるのか?」を考えます。

 「顧客名簿を使って呼びかける」、「広告を打つ」、「チラシを配る」など、様々な手段があります。

 今回は、「チラシを配る」と決まった場合、次は、「Q.どんなチラシが効果的なのか?」を考えます。

 その為にできることとして、例えば、「Q.過去に成功したチラシはないか?」、「Q.もらって印象が良かったチラシはないか?」などと考えます。

 そして、さらに、「Q.印象が良かったチラシを探す方法は?」と考えます。

 「各部署の人達に聞いてみる」、「家の新聞広告の山から探す」、「家族に聞いてみる」、といった方法があるでしょう。

 このように細かく、目標、行動をチャンクダウンしていけば、とりあえず、今日は、「新聞広告の山から良さそうなチラシをピックアップ」、「家族に聞く」しか出来なかったとしても、一歩、二歩の前進を実感する事ができるわけです。

 大目標の「プロジェクトの成功」しか見ていないと、プレッシャーに押しつぶされそうになったり、まったく進歩していないように感じて、モチベーションを保つことが難しい場合もあるでしょう。

 しかし、このように、すぐにできる事に細かく分けていけば、一つでも二つでもやって、小さな成果、小さな成功の体験を積んでいく事ができますから、自己承認をして、モチベーションを高く保ちやすくなるわけです。



 無料体験コーチング申し込み
posted by otomi at 20:41| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。