最新の記事から並んでいます。初めての方は、右のカテゴリのテーマごとに順にご覧いただけるとわかりやすいと思います。

2010年01月03日

勝間和代さんVS香山リカさんのバトルを見て

 今日、TBS系列で放送していた、『ビートたけしの新春ガチバトル』という番組で、経済評論家の勝間和代さんと精神科医、香山リカさんのトークバトルを見ました。

 テーマは「女性の幸せ」についてで、大まかに言うと、勝間さんは、少しずつでも努力を重ねていく事で幸せになれるという主張で、香山さんは、努力が報われず心を病んでしまう人がいるので、頑張りすぎない方が良いという主張でした。

 それぞれ言葉を尽くしても、なかなか議論がかみ合っていませんでしたが、それは、「女性」とひとくくりにしているものの、両者が思い描いている「女性」が違っているからではないかと思いました。

 そこで思い出したのが、カウンセリングとコーチングの守備範囲の違いです。

20100102coaching.jpg

 この図の真ん中は、心がニュートラルな状態を表し、上に行けばポジティブ、つまり活発な状態で、下に行けばネガティブ、落ち込んだ状態です。

 あまりにも落ち込んで、鬱病のようになってしまっている人に対しては、コーチングよりもカウンセリングの方が効果的とされます。まずはストレスを減らすなど、心の安定を取り戻し、0に戻していく事が重要になります。

 ある程度心の状態がポジティブで、現状より良くしよう、目標に向けて頑張ろうという精神状態であれば、コーチングによって、より早く、より高い目標に到達する事が可能になります。

 おそらく、精神科医である香山さんが念頭に置いている女性は、この図のマイナスの領域にいる人達であるのに対し、勝間さんは、少なくとも前向きに頑張ろうという心の状態にある人を思い浮かべて、メッセージを発しているのではないでしょうか。 

 それぞれ、心がどんな状態にあるかによって、効果的なサポートの方法は違うのに、一緒にして議論しているため、かみ合わなかったのではないかと思います。

 あなたの心の状態はいかがですか?


posted by otomi at 01:30| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチングとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。