最新の記事から並んでいます。初めての方は、右のカテゴリのテーマごとに順にご覧いただけるとわかりやすいと思います。

2010年04月24日

講演「新入社員への大きな期待」〜自分を育てる2〜

 新入社員の皆さんを対象に講演でお話させていただいた内容の続きです。

 入社したばかりのうちは意欲満々でも、そのうち、壁にぶつかったり、情熱が冷めてきたり、悩みを抱えたりする可能性があります。

 そこで、「モチベーションの保ち方・高め方」のお話をしました。

 まず、マズローの欲求段階説を紹介しました。

 生理的欲求安全の欲求所属と愛の欲求承認(尊重)の欲求という、より低次の欲求が満たされて、初めて、自己実現の欲求へと向かう事ができるとされています。

 入社してすぐに自己実現ができると思っている人もいるかもしれませんが、なかなかそうは行かない場合が多いのが現実です。

 入社できた時点で、生命維持が出来る生理的欲求、経済的安定性等の安全の欲求までは、大抵満たされていると思われますが、その上の、他者に受け入れられているという、所属と愛の欲求や、価値ある存在と認められ、尊重される、承認(尊重)の欲求は、仕事で成功を重ね、周囲の信頼を得ていかないと、満たされない場合が多いと考えられるからです。

 それらの欲求が満たされない状態が続くと、自己防衛本能から、その原因を、自分以外の周囲に求めるようになる可能性があります。

 「上司が悪い」「先輩が悪い」「会社が悪い」「お客さんが悪い」などと考えるようになり、それでも耐えられなくなると、会社を辞めたい、となる可能性もあります。(本当に、いじめ、パワハラ、セクハラ、違法行為など、問題行為が横行している職場で、改善の見込みがないなら辞めた方がいい場合もあるとは思いますが。)

 そうならないよう、モチベーションを保つためには、まず、「自己承認」を大切にする事です。

 「大丈夫、会社にいて良いし、多かれ少なかれ貢献している」と感じるのです。

 そう思うためには、いきなり大成功はできなくても、小さな成功を積み重ねていって、一歩一歩、前進している事を実感するのが効果的です。

 その秘訣については、次回にします。


 無料体験コーチング申し込み


posted by otomi at 17:33| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。